着物を処分した

着物を処分したい。できれば買取を利用してお金に換えたい。でも値がつかなかったり、すごく安い値段しかつかなかったらみっともない。という声をよく聞きます。ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。また素材や技法によって価値が決まるのでプロの鑑定士が見ないと、価値はわかりません。けれども、有名作家の作品や、誰でも知っているブランドの着物ならば、査定で高値がつく可能性も十分あります。現代の作家の作品や、最近織られたブランド品は昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので需要があり、業者が手に入れたいのです。
着ない着物を買い取り出すつもりでいたら、友人が買取の概要を教えてくれました。新しくて着ずれ感がない着物などが高値になり、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、たとえ高価だった着物でも査定は下がり、価格がつかない(引き取らない)こともあるそうで、だいたい私が思っていた通りでした。シミが出るほど着たものはないし、けっこう綺麗なのが多いので、とりあえず査定だけでもと思いました。

高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。虫干しに始まって和紙を挟んで元通りに畳み、桐箪笥に戻してまた保管などと実に大変です。もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば割り切って買取業者に引き取ってもらってはいかがでしょうか。次に着てくれる人がいるでしょうし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。
いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、点数自体が多いとか、お店が遠いときには、持参するのに苦労しますね。そんなときこそ、出張買取サービスを利用してはいかがでしょう。依頼主は電話をかけるだけで済みますが、ただ、業者基準の量に満たないときは、宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、先に電話で確かめておくと安心でしょう。

次の人にも大事に着てもらいたい着物を少しでも高値で買い取ってもらいたいと思うのは当たり前です。何軒かで査定を受けるようにして買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。査定後、キャンセル可能な業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。何軒か調べて査定額を比較し、金額に加え、対応にも信頼の置ける業者と話ができるよう査定のときに、条件を出されたとすれば、それも比較検討の材料にして、決めるといいでしょう。
和服を売却する機会はそうそうないでしょう。処分する際には、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。評判もサービスも良いお店をいくつか選んで、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比較します。買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、満足のいく結果も出やすいと思います。
もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着ない着物は買い取ってもらって、すっきりしたいという方もどこかで聞いたことがあるでしょう。着物の種類はたくさんありますが、需要が多いのは何なのか誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。もう着ない着物を買い取ってほしいとき一番気になることは着物の価値を正しく評価した査定額かしかないでしょう。相場がわかればと思うかもしれませんが、実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件次第でそうした条件を全部考え合わせて査定されます。着物鑑定のプロに査定してもらうのが、一番いいでしょう。たいていのお店では無料査定を受けられますので買取を思い立ったら、一日でも早く連絡しましょう。
一度も着ることなくしまわれていた着物も、無条件で高値がつくと思うのは間違いです。どんな生地、色柄も、生地も糸も生き物なので、月日がたつと劣化し糸が弱くなるなど、状態が悪くなることもあります。何回着たかは絶対的な価値ではありません。持ち込んだときの状態が一番重要なのです。未使用で着るあてもなく、保管状態も悪くないと思う着物は買い取りに回しましょう。買取業者に査定してもらうのも選択肢の一つです。

一般的に高価な和服。買取業者で処分する際も、誠実な買取業者を選ばなければ、安値で買われてしまうこともあります。私がよく聞く買取に関するトラブルは、買い叩きが最も多く、ほかには査定依頼した着物が返ってこない系(遅延や不足)も少なくないです。あらかじめ相手の評価をネットなどで調べ、吟味した上で査定を依頼し、また、中身の写真を撮っておくというのも双方の思い違いも解消できるので、安心です。

よく読まれてるサイト⇒着物の買取相場について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です